新入社員の教科書

新入社員の教科書㉘ 資産形成の必須知識!給与計算のしくみ


給与計算の仕組み

 

初任給をもらって喜ぶ女性社員

給与計算の基本構造

前回は給与支払ルールについて説明しました。そこで今回は具体的な給与計算のしくみについて解説してゆきたいと思います。

給与計算の基本構造はこのようになっています。

「総支給額」ー「控除額」=「手取り額」

給与計算とは、上記の金額を計算し、手取り額を確定させて、みなさんの銀行口座に振り込むまでの作業をいいます。

 


「総支給額(支給項目)」は「固定支給」と「変動支給」に、「控除額(控除項目)」は「法定控除」と「法定外控除」にそれぞれ分けられます。

 

基礎賃金の計算方法

「基礎賃金」とは、時間外手当や休日出勤手当、また欠勤控除など、変動的な支給もしくは控除額を計算する際のベースとなります。「基礎賃金」の計算方法は次の通りです。

「基礎賃金」={「固定的支給額(基本給+諸手当)」-「基礎賃金から除く手当」}÷「1か月の平均労働時間※
※「一か月の平均労働時間」=「1日の所定労働時間」×「年間労働日数」÷12カ月

 

なお「基礎賃金から除く手当」は以下の7つです。

<基礎賃金から除く手当>
1.家族手当
2.通勤手当
3.別居手当(単身赴任手当等)
4.子女教育手当
5.住宅手当
6.臨時に支払われる手当(慶弔見舞金など)
7.賞与

 
 
 

給与の支給項目

 

給与明細書

固定的支給

「固定的支給」は基本給や住宅手当など、毎月一定額が固定的に支給されるものをいいます。

 

変動的支給

「変動的支給」は、時間外手当、休日出勤手当などのように、当月の勤務の実績に応じて、支給額が毎月変動するものをいいます。

固定的な手当は「当月締め切り、当月支給」とし、変動的な手当は「当月締め切り、翌月支給」としている会社が多いようです。

 

深夜割増手当

ここからは変動手当の基本的なものを、いくつか紹介します。

「深夜割増手当」は、22時から翌日5時までの深夜勤務について、基礎賃金の25%に当たる金額を支給するものです。

「深夜割増手当」は深夜勤務に対して支給される手当ですので、通常勤務か時間外勤務かを問わず、深夜時間帯の勤務であれば支給の対象となります。

 

時間外割増手当

「時間外割増手当」は、1日8時間もしくは1週40時間を超える勤務に対して、基礎賃金の25%にあたる金額を支給するものです。

1日8時間もしくは1週間で40時間の労働時間を「法定労働時間」といい、労働者に法定労働時間を超えて勤務させるためには、労使間で「36協定」を結んでいなければなりません。


時間外勤務深夜時間帯に及んだ場合は、「時間外割増手当」と「深夜割増手当」の両方が支給されます

 


月間の時間外勤務が60時間以上におよんだ場合には、使用者は60時間を超える時間外勤務に対して、基礎賃金の50%の「時間外割増手当」を加算しなければなりません。

基礎賃金の50%という高い割増率が設定されているのは、長時間の時間外勤務を抑制すると同時に、使用者に対するペナルティという意味合いがあります。

 

休日勤務手当

法定休日に出勤した場合は、基礎賃金の35%にあたる「休日勤務手当」が支給されます。

法定休日」とは1週間で1日以上1か月間で4日以上、使用者が労働者を休ませなければならない休日のことで、何曜日を法定休日にするかは会社の任意です。


法定休日に出勤し、なおかつ深夜時間帯に勤務した場合は、「休日勤務手当」と「深夜割増手当」がダブルで支給されます。

 


法定外休日勤務については、「時間外割増手当」が支給されます。また勤務時間が深夜時間帯であれば、「深夜割増手当」も支給されます。

法定外休日に勤務した場合は、勤務した時間帯を全て時間外勤務として扱います。

 
 
 

給与の控除項目

 

羽が生えて飛んで行くお札

給与から控除されるものは、法律で控除することが決められている「法定控除」とそれ以外の「法定外控除」の2種類があります。

 

法定控除

社会保険料

健康保険料

私達が医療機関を受診すると、医療費の自己負担が3割で済みます。それは残りの7割が「医療保険」から支払われるためですが、この財源となっているのが私達の給与から控除されている「健康保険料」です。

健康保険料は「標準報酬月額」の10.25%(H30年4月~北海道)を労使で折半し、そのうちの半分をみなさんの給与から天引きします。

標準報酬月額とは、労働者の月給ごとに決められた、社会保険料を計算する基礎となる標準的な月収のことです。また健康保険料率は健保組合や地域により異なります
 
介護保険料

高齢者の介護サービスは、利用者が介護サービス料の1割を負担し、残りの9割を「介保保険」でまかなう仕組みになっています。そして介護保険の財源となっているのが「介護保険料」です。

介護保険料は、みなさんが満40歳に到達した月から、控除されることになります。

健康保険料と同様に、標準報酬月額の1.75%(H30年4月~北海道)を労使が折半して、それぞれ負担しています。

 

厚生年金保険料

厚生年金制度は「世代間扶養方式」といって、現在の高齢者が受給している年金を、現役世代が納めている「厚生年金保険料」でまかなう仕組みになっています。

厚生年金保険料は、標準報酬月額の18.3%(H30年4月~北海道)で、これを労使で折半して、それぞれ負担します。

 

労働保険料

雇用保険料

「雇用保険料」は、みなさんが失業した時に受給する失業保険や、その他の雇用関係助成金の財源となります。

雇用保険料は業種によって料率が異なりますが、一般的な会社員の保険料率は0.9%で、労働者が0.3%、使用者が0.6%を負担することになっています。

雇用保険料は通勤手当も含めた総支給額に対して、保険料率をかけて計算します。

 
労災保険料

労働者が通勤途中もしくは業務に起因して事故に遭ったり、病気にかかったりした場合は、健康保険ではなく、「労災保険」を使って医療機関を受診することになります。

この労災保険の原資となっているのが「労災保険料」ですが、労災保険料は全額使用者負担となりますので、みなさんの給与からは控除されません。

労災で医療機関を受診した際は、医療費の自己負担はありません(全額労災保険)。

 

租税公課(そぜいこうか)

源泉所得税

サラリーマンの給与に課税される所得税のことを「源泉所得税(源泉税)」といいます。

実は、毎月みなさんの給与から控除されている源泉税は「概算額」で、年末に税額を確定し、一年分の概算額と相殺して過不足を調整します。

概算額と確定額を年末に相殺し、納税額を調整することを「年末調整」といいます
 
個人住民税

個人住民税(住民税)は、居住地の住民に対して課税される税金です。

住民税は、前年の所得額に対して課税される「所得割」と、住民全員に均等に課税される「均等割」の合計額です。

新卒社会人については、入社2年目の給与から住民税が控除されることになります。

 

法定外控除

財形貯蓄や団体保険料など

財形貯蓄や団体生命保険料など、法定控除以外のものを労働者の給与から控除する場合は、労使間で労使協定を結ぶ必要があります。

 

欠勤控除

「ノーワーク・ノーペイの原則」により、使用者には労働者が欠勤した分について、給与の支払義務はありません。

一方、「欠勤控除の扱い」については、現在のところ具体的な法令が存在しません。よって欠勤控除の額については、労使間で協議して決めることになりますが、基礎賃金を欠勤控除の単価とするケースが多いようです。

 

 

給与計算のしくみを知って手堅く資産形成する

 

オカネを見つめてニヤける女性社員

給与計算は一見難しそうですが、前述のポイントさえ押さえておけば、エクセルを使って自分で計算することができます。

今後は少子高齢社会が加速し、社会保障(医療・介護・福祉)財政や、地域インフラを維持するために、社会保険料や税金の負担が増してゆくことは間違いありません。

そのような社会情勢の中で、自分の収入がどのように決まるのか、仕組みを知っている人と、知らない人とでは、将来自身が採るべきキャリア戦略も大きく変わってきます。

給与計算は、時代を映す鏡であり、国政をダイレクトに反映するものですので、これを機にルールや仕組みをしっかりと理解し、キャリア設計に活かしてゆきましょう。

END


 

参考

人事部長オススメの新社会人が取るべき検定資格TOP4
オンスクJPなら月額1,078円(税込)で何講座でもウケホーダイ!

新社会人が検定資格を狙うべき理由

世の中を賢く生きてゆくためにはお金と法律の知識は必須です。また仕事で成果をあげるためには、会社が利益を生み出す仕組みを理解するがあります。さらに今のご時世は営業だろうが事務だろうが、ITを使いこなせない人は仕事のスタートラインにすら立つことはできません。

そこで「資格を取りましょう!」と言いたいところですが、筆者は新社会人には難関国家資格はオススメしません。新入社員は本業で覚えなければならないことがたくさんあるので受験勉強の時間を捻出するのが大変な上に、年一回の試験日に急な仕事が入ってその年の受験そのものをキャンセルしなければならなくなるリスクが高いからです。

「じゃあどうすればいいの?」という人のために、筆者は検定資格を勧めています。検定資格であれば年に2~3回受験できますし、1~2ヶ月くらいの学習期間で短期合格も充分アリなので達成感もあります。

ここでは上場準備企業の現役人事部長であり、自身も20種類以上の検定資格を取得してきた筆者が、今後のキャリアアップのために新入社員が絶対に取得しておきたい4つの検定資格をご紹介します。

人事部長オススメの新社会人が狙うべき検定資格TOP4!

フィナンシャル・プランニング技能士3級

税金、金利、年金、保険など、社会を生きてゆく上で必須であるお金に関する知識を網羅的に学ぶことができます。自己責任の時代においては老後資金の形成に投資は不可欠ですが、運用リスク回避のポイントは若い頃から長期運用することです。またお金の基礎知識さえあればうっかりリボルビング払いをしてカード破産してしまうリスクも回避できます。

ビジネス実務法務検定3級

世の中は売り手と買い手、使用者と労働者など、他人同士の利害関係で成り立っているといっても過言ではありません。そして利害関係にはコンフリクトがつきものですが、それを解決するためのルールこそ法律なのです。そして法律は「知っている者に味方する」とも言われます。法律の基本を知ることで詐欺やハラスメントから身を守ることができます。

日商簿記検定3級

企業の経営活動は全て財務諸表に集約されます、つまり簿記の知識さえあれば会社がどのような仕組みで運営されているのか知ることができ、営業職であろうと事務職であろうと会社から評価されやすい仕事をすることができるようになります。さらに簿記の知識があると株式投資や家計管理にも応用でき、堅実に資産形成することができます。

ITパスポート試験

今やIT知識はビジネスに必須であり、IT知識の有無がハイパフォーマーと情弱ワープアの分かれ道となることは間違いありません。ITパスポート試験はパソコンに限らず、ネットワークや情報セキュリティなどの仕組みもしっかり学ぶことができますので、業務システムの運用だけでなく、ネット副業を始める時も役立つこと間違いありません。

コスパ最強の検定試験学習ツール「オンスクJP」のご紹介

これら4つの検定資格をいかに効率的に取得するか?ということですが、検定試験の学習ツールとして筆者のイチオシがオンスクJPです。

オンスクJPであれば月額1,078円(税込)で、50種類以上の講座がいくらでもウケホーダイなので、なるべくコストをかけずに資格を取りたいという方にピッタリです。

さらに資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義をスマホやパソコンで視聴でき、1講義プラス復習テスト機能つきのコンテンツが1コマ10分間に収められているため、通勤や休憩などのスキ間時間を有効に活用しながらしっかりと理解を深めることができるスグレモノの学習ツールです。

筆者推奨の4つの検定資格もしっかりとカバーされていますので、オンスクJPを活用しない手はありませんね!

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】
スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

この記事が気に入ったら
シェアしてくださいね~

Twitter で

-新入社員の教科書
-, , ,

© 2022 人事部プロフェッショナルマニュアル