人事部長が教える就活マル秘テクニック

高学歴は就活に有利なのか?


高学歴は就活に有利なのか?

学歴フィルターは存在する

新卒者の就活において、学歴フィルターというキーワードは避けては通れない問題ですが、実際のところ高学歴は就活に有利なのでしょうか?

結論から先に申し上げると、就活に有利であるばかりではなく、就職した後の昇進や昇給などの処遇においても、高学歴ではない人達と大きな格差が生じがちなのは事実です。

筆者の拙い経験からの事例で恐縮ですが、これまでに筆者が一緒にお仕事をさせて頂いた方で、高学歴の方のほとんどが、同年代の平均年収の2~3倍くらいのサラリーをもらっていました。

高学歴=大卒ではない

ちなみに「高学歴=四大卒」ということではありません。

ご存知のとおり四年制大学といっても、国内の最高学府として知らぬ人はいない東大から、地方の無名大学までピンきりであり、ゆえに大卒グループの中においても厳然たる学歴フィルターは存在します。

高学歴と言われている大学一覧

一般的に「高学歴人材」として学歴フィルターを通過できるのは、企業側の採用ポリシーにもよりますが、概ね次の大学であると言われています。

主要国立大

■旧帝国大学系

東京大学、京都大学、東北大学、九州大学、北海道大学、大阪大学、名古屋大学

■その他の難関大学

一橋大学、東京工業大学、神戸大学

主要私立大(関東エリア)

■早慶上理

早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学

■GMARCH

学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学

■日東駒専

日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学

■大東亜帝国

大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学

主要私立大(関西エリア)

■関関同立

関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学

■産近甲龍

京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学

出典;日本経済新聞社「日経業界地図」より

厳しい話かもしれませんが、これら以外の大学については、ただ「大卒である」・・・というだけでは、人材マーケットにおけるメリットや優位性はあまり期待しない方がよいでしょう。

高学歴が就活に有利な理由

受験勉強の持ち時間はみんな一緒

高学歴が就活で有利な理由は、端的にいえば仕事の能力の高い人材が多いからです。

たとえば東大を受験しようが、近所のFラン大学を受験しようが、高校生が受験勉強に充当することができるMAX時間は、物理的に全員一緒です。

最近は家庭の事情によって高校生が祖父や祖母を介護せざるを得ず、充分な勉強時間を確保できない、ということが新たな社会問題になっていますが(これは回を改めて取り上げたいと思います)、それでも多くの高校生はほぼ同じ条件下にあると言っても過言ではありません。

それにも関わらず、なぜ合格偏差値に大きな差が生じるのか?というと、そこが受験生ごとの能力の差などではないかと思うのです。

入試攻略の能力は仕事にも通じる

難関大学に合格できる人材というのは、入試攻略のための情報収集力と分析力、そして限られた受験期間でもって合格するための勉強の要領の良さ、さらに合格までの長丁場を着実に乗り切るための高いセルフコントロール能力を持っています。

そしてそれはそのまま仕事にも応用できる能力でもあり、採用担当者は、難関大学に合格できるような人材は、難易度の高い仕事においても、きっと職務遂行能力が高いだろうと期待するのです。

Fラン卒に未来はないのか?

高学歴ワープアのジレンマ

それでは前述の難関大学に入学できず、地方のFラン大学に通っている人達には未来は無いのか?といえばそんなことはありません。

確かに入試のスキルは仕事に応用できますが、一方で高学歴なのに全く仕事ができない人達も、ハイパフォーマーと同じくらいに存在します。

こういった人達は学歴だけが己のキャリアの拠り所であり、また高学歴のプライドゆえに現実の自分のレベルを素直に直視できずに、自ら自己変革の機会を放棄してしまう傾向が強いように思えます。

仕事のできない高学歴者は、就活は概ねうまくゆくのですが、結局のところ実績が出せないために2~3年で職場から干されてしまい、やがては非正規雇用の仕事を転々とし、最終的にはいわゆる「高学歴ワープア」に転落してしてゆくケースが多いようです。

資格は学歴に勝る

医療系や工業系のような専門的なライセンスやスキルを取得できないFランの文系私大生は、在学中に司法書士、税理士、社会保険労務士、英検1級、日商簿記1級、日商販売士1級、FP技能士1級などの難関資格を取得しましょう。

最終学歴はあくまでも企業側が学生を採用するにあたって、潜在的な能力を推測するための指標のひとつに過ぎません。

一方で業務関係の難関資格は、特定の分野において専門的な知識を有している証であり、また法律で無資格者が行うことを禁じている業務について、独占的に行うことができる免許を持っているということですから、学歴と資格のどちらが就活で有利に作用するかは明白です。

いったん就職してしまうと、4年間も勉強に専念できるような機会は滅多にありませんので、Fラン大の学生は在学期間を最大限に活かして難関資格を取得し、就活でもってキャリアのリターンマッチに臨みましょう。

参考

自分にあった会社をじっくりと探したい!そんな就活生にピッタリな
ダイレクト・リクルーティング時代の就活ツール「オファーボックス」のご紹介

◆OfferBoxってどんなサービス?

OfferBox(オファーボックス)とは、就活生があらかじめプロフィールをオファーボックスに登録しておくことで、企業の採用担当者が自社に合った就活生を探してオファーメールを送り、就活生と企業がお互いのマッチングを確かめながら採用にいたるダイレクト・リクルーティング・サービスです。

→マンガでわかる、就活サイトOfferBox<オファーボックス >OfferBox

オファーボックスはこんな方におすすめ

  • 企業研究や就職説明会に参加したけど自分の適性がイマイチわからない・・・
  • 学生時代の経験や人柄で評価して欲しいけど学歴フィルターに引っかかって面接に進めない・・・
  • 説明会の雰囲気が良くて入社してみたらブラック企業だった!?ってのはカンベンして欲しい・・・

◆オファーボックスを利用するメリット

  • 自分らしさで勝負できる
    オファーボックスは履歴書を入力するだけでなく、動画や写真そして研究スライドを使って自分を表現することができます。また今まであなたがどんなことをしてきたのか、ユニーク情報という項目でもって自分の人となりを企業へアピールできます。
  • 適性診断AnalyzeU+で無料適職診断
    累計100万人の被験者データと社会人基礎力、次世代リーダー力といった25項目の診断結果から自分の適性や強みを発見し、企業の採用担当者に突き刺さるような自己PRキャッチをライティングできます。
  • 登録から選考までの流れ

    step
    1
    プロフィールを作成


    今の自分を振り返り、象徴的なエピソードをまとめます。今までどんなことをしてきたのか、興味のあることは何か、文章以外に写真や動画なども使って自由に自分らしさを表現できます。

    step
    2
    プロフィールを磨いてオファーを獲得!


    どのような業界の企業が自分のプロフィールを閲覧しているのか、企業からのアクセスをグラフでチェックしながらプロフィールをブラッシュアップし、志望企業からのオファー獲得を目指しましょう!

    step
    3
    いよいよ選考スタート!


    採用担当者とコミュニケーションを重ね、自分と相性の良さそうな企業だなと感じたら応募しましょう。首尾よく採用が決まった場合も、相互に理解を深めあった上での入社なので、ミスマッチによる早期離職リスクは小さいです。

登録企業数8,106社以上からあなたにオファーが届く。2021年のオファー受信率はなんと93.6%!そして2022年の登録学生数は152,000人以上。【OfferBox】

この記事が気に入ったら
シェアしてくださいね~

Twitter で

-人事部長が教える就活マル秘テクニック
-, ,

© 2022 人事部プロフェッショナルマニュアル