お役立ちツール 人事部の視点

まだマイカーで消耗してるの!?コロナ不況だから活用したいカーシェアのすすめ


マイカーを手放した

北海道のマイカー事情

北海道では1人1台が常識!?

13年住んだ十勝を離れて久々に故郷の札幌へ帰り、思い切ってマイカーを手放しましたが、これは十勝地方では考えられないことです。なぜなら基本的に北海道ではマイカーとは一家に1台あるものではなく、成人した家族が1人1台所有するのが普通だからです。

北海道は47都道府県のひとつではありますが、その面積は他の都府県13個分に相当する広大さであり、人口580万人の6割が札幌市を核とする道央圏に集中しているため、その他の道南、道北、道東では交通インフラがあまり整備されていません。

ゆえに夫婦二人暮らしであっても、それぞれクルマを所有していないと日常生活が非常に不便なのです。

 

低賃金高コストが地方の標準

一方で北海道は関東圏や近畿圏に比べてサラリーマンの賃金水準が低いです。特に道央圏以外はサラリーマンの仕事が少ないために夫婦共働きでないと家計が回りません。

それにも関わらず1人に1台マイカーが無いと生活が不便ということは、低賃金・高コストの生活を余儀なくされるということでもあります。都会を離れて悠々自適の田舎暮らし・・・などという幻想は北海道の内陸部や沿岸部ではあまり期待しない方がいいでしょう。

 

札幌生活ならマイカーは不要

キホンは地下鉄沿線

そんな北海道でも札幌圏であれば仕事のクチは決して多くないものの、都市インフラがそれなりに整備されているので、中収入・低コストの生活はそこそこ期待できます。

しかし札幌市内であっても、人口密度や都市機能にはムラがあり、カーレス(マイカーを持たない)生活を送りたいのであれば、基本的に地下鉄駅付近の物件を探すべきでしょう。

なぜなら札幌市は北海道の中でも割と降雪量が多いエリアなので、冬はJRが運休したり、バスが大幅に遅延したりすることなど日常茶飯事だからです。

札幌市の降雪量はひと冬で5mにも達しますが、世界的に見ても人口200万人クラスの都市でこれだけの豪雪地帯は札幌市だけのようです。

 

狙い目は札幌駅、新さっぽろ駅、琴似駅周辺

そんな札幌市の中でも狙い目なのが地下鉄駅、JR駅、バスターミナルの3拍子揃った札幌駅、新さっぽろ駅、そして筆者の暮らす琴似駅周辺でしょう。

東京の人からすれば地下鉄、電車、バスターミナルが揃った・・・などと言われても噴飯モノでしょうが、地方在住者にとってはこれだけでもう立派な大都会です。

さらにこれらのエリアはカーシェアリングも発達していて、エリア周辺には常時100台くらいのシェアリングカーが常備されています。

 

高級さよりもスマートさ

若者のクルマ離れ

若者のクルマ離れが叫ばれて久しいですが、ある調査によると若者の自動車免許取得者はここ数年横ばいだそうです。つまり最近の若者はクルマに乗らなくなったのではなく、クルマを買わなくなったということらしいです。

その理由はいくつかありますが、ひとつはアベノミクスだのトリクルダウン(もはや死語?)などと言われつつも、結局は若手にとっては何の恩恵も無かったために、クルマを買う余裕が無くなり、次第にクルマそのものに対する憧れが無くなっていったのではないかと推察します。

家計消費支出とクルマの維持費

これは総務省の統計を元に筆者がグラフに起こしたものですが、2000年から家計消費支出(≒買い物できる余力)がどんどん下がっている一方で、クルマの維持費はジワジワと上昇しています。たしかにこれではあえて高額な出費をしてまでクルマを購入しようという意欲は沸かないでしょうね。

 

ミニマリスト

若者のクルマ離れのもうひとつの要因は価値観の変化です。

かつては高級ブランドに身を包み、高級車を乗り回し、タワマンで暮らすのがステータスであり、若者の憧れでもありましたが、今の時代ではそのような高級志向に価値を見出す人が少なくなり、むしろ俗物主義的な下品さすら感じられるようになってしまいました。

今の時代、若者にとってクールなのは、身の丈に合った生活を楽しみつつ、所有にこだわらずに必要な分だけシェアリングするスマート(知的)な生き方なのです。

筆者もそうですが、モノを所有しないシェアリング・エコノミーやミニマリストといった生き方は、清貧どころか実に粋で爽快なものです。

 

カーシェアリングをオススメする理由

北国のクルマの維持コストはハンパではない

マイカーとカーシェアのコスト比較

これは1,200ccクラスの小型車の維持費とタイムズ・カーシェアリングの利用コストを比較したものですが、少なめに見積もっても年間で23万円ものコスト差が生じています。

たしかに札幌は東京に比べて駐車場代が安いものの、スタッドレスタイヤや冬用の室内マットやワイパー、それにスノーブラシや鍵穴の解氷剤、さらに12月~2月の厳冬期には発車前に15分程度の暖機運転を要するなど、本州に比べてマイカーのランニングコストが高めになります。

一方でタイムズ・カーシェアリングではこれらのコストが全て利用料金に含まれており、この比較表においてはその利用料金も割引無しの定価で計算しているので、実際のコスト差はもっと拡大するでしょう。

 

毎朝の除雪地獄

札幌市などの道央圏は豪雪地帯なので、冬季間は出勤前の車両周辺の除雪が北海道のサラリーマンの日課になっています。

道央圏では毎朝の降雪量もハンパではなく、除雪というより荒行に近いものがありますので、出勤前にその日一日分のエネルギーを使い果たしてしまう人も珍しくありません。

これがUberなどのC to C型ビジネスであれば結局は同じ状況に陥ってしまう可能性が高いのですが、B to C型のタイムズ・カーシェアリングではしっかりとした除雪体制が採られているため心配は無用でしょう。

 

タイムズ・カーシェアリングを使ってみた

入会の方法

入会方法はいたって簡単です。インターネットでタイムズのWebサイトにアクセスし、申込みを行うだけで、あとは会員カードが郵送されてくるのを待つだけです。

なおカード発行には1,650円の手数料がかかりますが、クイック入会を行うと手数料が無料になります。クイック入会の方法はタイムズのWebサイトから入会申し込みを行い、自分の最寄りのタイムズ店鋪を指定してカードを受け取りにゆけばOKです。

入会金以外には月額880円の基本料金がかかりますが、毎月利用する人であれば月額880円の無料利用分が付加されるので、実質的には利用料金は無料みたいなものです。

 

プランと利用料金

プラン(タイムズカーシェアサイトより)

 

利用料金(タイムズカーシェアサイトより)

 

基本的な使い方

予約はパソコンからでもスマホからでも可能です。まずはタイムズのWebサイトから最寄りの駐車場所を探し、車種ごとの使用予定を見ながら自分の利用希望時間(開始と終了)を入力するだけです。

クルマの乗り方

リアガラスにドアロックセンサーが設置されているので、予約車両のセンサーに会員カードをかざすと、ドアロックが解除されます。

タイムズカーシェア

 

利用開始

クルマのキーは助手席グローブボックスの中のキーホルダーに差し込まれているので、まずキーを抜き取ります。これによってタイムズ側が利用スタートを認識します。

タイムズカーシェア

 

クルマのキーは携行する

なお利用中に社外に出る時は会員カードではなく、クルマのキーを使って通常の時と同じようにドアの施錠・解錠を行います。

タイムズカーシェア

 

禁止事項

車内は禁煙、ペットNG、自転車積載もNGとなっているので注意が必要です。たくさんの人が利用するカーシェアリングだけに、マナーを守ってスマートに利用したいものです。

タイムズカーシェア

 

消臭除菌スプレー

車内には消臭除菌スプレーも完備されているので、気になる方は運転前にサッとひと吹きしましょう。

タイムズカーシェア

 

駐車場カードと給油チケット

入出庫用のカードと給油チケットは運転席のサンバイザーに差し込まれています。入出庫用のカードは戻し忘れの無いように、ホルダーからカードを抜くと音楽が鳴りっぱなしになる仕掛けになっています。

タイムズカーシェア

 

返却時刻のお知らせ

返却時間が近づくと、モニターに警告表示されます。これ以外にも車種によっては急加速や急ブレーキなどを警告し、さらに乱暴な運転回数を記録するものもあるので注意しましょう。

タイムズカーシェア

 

指定の駐車場所へ

車両を駐車場へ戻し、エンジンを切るとキーをグローブボックスのキーホルダーへ戻すように指示されますので、キーホルダー表面の矢印に沿ってキーをキーホルダーへ差し込みます。ちなみにタイムズカーシェアは行き先での車両乗り捨てはできません。

タイムズカーシェア

 

車両の返却完了

車外へ出て、車内に忘れ物がないか確認してからドアロックセンサーに会員カードをかざしてドアロックします。なお車内の忘れ物に備えて一回のみ解錠できるようになっています。

タイムズカーシェア

 

パイロンを戻す

最後にパイロンをクルマの前に戻して終了です。なおクルマを借りて出庫する際は、他の車両がカーシェアカーの指定駐車エリアに駐車してしまわないように、パイロンを元の位置に戻してから出発しましょう。

タイムズカーシェア

 

知ってトクするこんな特典!

なおタイムズ独特のユニークなシステムに、給油割引サービスと洗車割引サービスがあります。

これはカーシェアリングサービスの利用中に、タイムズのスタッフに代わって車両の給油や洗車をしてくれたら30分(440円相当)の割引を受けられるというものです。

ヘビーユーザーであれば積極的に活用することで、よりリーズナブルにカーシェアリングサービスを利用することができます。

 

シェアリング・エコノミーの時代

現代はモノの所有に固執するよりも、むしろモノや場所のみならず人材までも共有しながらスマートに生きてゆくシェアリング・エコノミーの時代です。

モノの所有から解放されることで、我々は浮いたお金と時間を投資(自己投資を含む)などに有効活用できるようになるのです。

筆者も数年前にマイホームやマイカーを所有することをやめましたが、庭の手入れやクルマ磨きなどよりも、自分の人生において本当に重要なことがあることに気づき、自分の時間をより生産的なことに対して費やすことができるようになったことで、人生の自由度が増したように感じます。

また社内システムにおいても、あえて自前のサーバーやソフトウェアを所有せずにサブスクリプション・サービスでもって身軽な経営を目指す企業が増えてきたのは歓迎すべきことです。これからの時代は行雲流水のごとく生きるのが正解かもしれませんね。

 

参考

人事労務のご経験をもっと活用しませんか!
人事担当者の副業・フリーランス紹介サービス「人事PROパートナーズ」のご紹介

「人事プロパートナーズ」は、人事経験者に特化した副業やフリーランス案件の紹介サービスです。採用戦略の立案や人事制度の設計など、人事分野のスポット案件を人事経験者のキャリアアドバイザーが、的確にマッチングしてくれます。

人事としてのキャリアアップ【人事プロパートナーズ】
人事分野の専門的なスポット案件を業務委託方式にて受注して報酬を得るスタイルです。よってフルタイム的な働き方は不要で、リモート勤務はもちろん週2~3日もしくは平日の夜間のみなどといった、人事経験を活かした副業でもって高収入を得ることができます。

◆サービスご利用の流れ

step
1
サービス登録


プロフィール、人事分野での実務経験、ご自身の強みなどを具体的にご登録ください。

step
2
エージェント面談


担当エージェントと面談して頂き、今後の案件探しの打ち合わせを行います。

step
3
案件紹介・企業面談


打ち合わせした条件をもとに案件をご紹介し、クライアントと面談して頂きます。

step
4
契約成立・業務スタート


双方の意向が合致すれば人事プロパートナーズを介して業務請負契約を締結します。

人事としてのキャリアアップ【人事プロパートナーズ】

この記事が気に入ったら
シェアしてくださいね~

Twitter で

-お役立ちツール, 人事部の視点
-, ,

© 2022 人事部プロフェッショナルマニュアル